内部被曝対策

内部被曝対策

発汗による放射能デトックス方法

放射能デトックスは、体に溜まった放射性物質を体外に排出することが基本となります。抗酸化作用のある食べ物を食べて排出することと同時に、汗から放射性物質を排出してくことができます。

 

汗は人の皮膚や皮下脂肪のなかの汗腺から出てきますが、汗は毛細血管と繋がっており、体内に取り込まれた物質が、汗腺を通じて外に出てきます。ニンニクを食べた後に汗がニンニク臭くなるのは本当のことですが、これと同様に体内の放射性物質は血液中をめぐっているので、汗で排出することは可能とされています。
汗をかく放射能デトックス方法としては、サウナが注目されています。サウナの高温によって身体の温度を上昇させて、汗をかきます。サウナに入る前には十分に水分補給をしておく必要があります。水分としてはアルカリイオン水を取っておくことで抗酸化作用が得られます。

 

サウナで十分に汗をかくと、毒が排出されたという気持ちが大きくなります。頭で効果があると思い込むことは、体の状態を改善するのにとても効果があるとされています。サウナに入って毒出しが出来たと満足感を味わってみてください。

 

そして汗をかくというなら、有酸素運動も効果を上げます。有酸素運動としては軽めのジョギングはとても健康的です。体に酸素を取り入れて二酸化炭素を掃きだすことを意識してみてください。息をはき出す時に悪いものが出て行くというのは中国の気功の考え方にもあります。吐き出したら放射性物質などの悪いものが出ていくのだと、頭でそう言い聞かせることが大切です。

 

自宅で汗をかく方法としては、単なる入浴でも十分な効果を上げます。サウナは毎日通うことが難しくても、自宅での入浴なら毎日できることです。

 

外部サイト

 

放射能が人体に与える影響

 

も参考になります。